読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manazo.com

まなぞうドットコムです。

挙式披露宴に100人招待するのもいいけど、だったら新郎新婦が100人に会いに行くのはどうだろう。

【スポンサーリンク】

f:id:mannaca:20160913222731j:plain

 

女の子なら誰もが夢見る挙式披露宴。

 

新郎新婦の家族、親戚、友人、会社の上司や同僚・・・

主役の2人のために、大好きな人たちが一同に集う幸せな空間!

 

私も「結婚式には誰を呼ぼうかな〜」なんてニヤニヤしながら考えてました。

 

 

でも、ちょっと待って。

今まで考えたこともなかったけど、いろんな問題が浮かんできた。

 

 

 

 

100人のゲスト全員が予定を合わせるのって無理じゃね?

考えてみたら当たり前のことなんですが、

新郎新婦が悩んで悩んで悩みまくって厳選したゲスト、

仮に100人に招待状を送ったとして、

実際に参列してくれる割合ってどのくらいなんでしょうか。

 

私の周りでも、土日も仕事がある友人や、

赤ちゃんが産まれたばかりの友人なんかのことを考えると

残念ながら参列は難しいのかなって気がします。

 

 

せっかくゲストが集まってくれたのに喋る時間なさすぎる

長くても数時間の挙式披露宴。 

お色直しやらケーキカットやら泣けるムービーやら親への手紙やら、

プログラム盛りだくさんで喋る時間なさすぎ!

 

せめて写真だけでも!と思い、ご歓談タイムにやっと1枚撮れたかと思いきや、

司会の方が「縁もたけなわではございますが〜〜〜」

もっと喋りたかったなあ、と落ち込んだ思い出があります……

 

遠方から来てくれた人たちなんて、次いつ会えるかわかんないし!

彼も私もおしゃべり好きなので、ゲストともたくさん喋りたくなってしまいそうです。

 

 

遠方からのゲストには【お車代】を用意しなければならない

交通費+宿泊代が2万円以上かかる人にはお車代を用意して。

チケット購入など全額負担がベストだが、無理なら半額でも。

表書きは「御車代」「御車料」。

両家別に用意し、招いた側の名字を下に。

受付で記帳後に渡してもらう。

〈お礼の目安〉実費半額〜全額

失礼のない結婚式お礼・お車代の金額&渡し方|結婚式お礼&お車代金額のことならゼクシィ

 

これ。

結婚式を挙げた方や、お呼ばれして実際に受け取った方にとっては

常識なのかもしれませんが、遠方のゲストを招待するのには

交通費や宿泊費を渡すのが結婚式のマナーなんですね〜。

実は私も、富山の友人の結婚式に呼ばれるまでは

「お車代」の存在を知りませんでした……!(恥)

 

ケチくさいかもしれませんが、

私たちはカップルで世界一周した際、

たくさんの日本人バックパッカーと友だちになりました。

帰国した今、そのバックパッカーたちは

北は北海道、南は沖縄まで日本中いたるところに住んでいます。

(中には未だに世界中を旅してる友人もいます!)

 

短い期間とはいえ、異国でともに旅した仲間たち!

結婚式に呼びたい人たちがたくさんいるので、

「お車代」のことを考えるとちょっと憂鬱になってしまいます……(ゴメンナサイ)

  

 

大好きなじいちゃんばあちゃん。長距離移動は体に負担が。

父方の祖父母は三重、母方の祖父母は岡山で暮らしているので、

私がもし東京や横浜あたりで結婚式を挙げるとなると、

田んぼに囲まれてのんびり暮らす70歳越えのご老人4名が

新幹線に乗って大都会・東京にやってくることになります。

満員電車に乗って、高層ビルを見上げながら右往左往するじいちゃん。

家のお布団ではなく、ホテルの慣れないベッドで横になるばあちゃん。

考えただけで泣けてくる。(;_;)

 

 

 

 

 

そこで私は思いついてしまいました。

これらの問題を解決するたったひとつの方法!!!

 

 

新郎新婦が自らゲストに会いに行くのはどうだろう。

 

ご祝儀を1人3万円ずつ頂くと仮定すると、100人呼んだら300万円。

さ、300万円!? 

大金じゃないですか!!!

 

私が半年間の世界一周にかかった費用が110万円ほど。

頑張れば世界3周くらいできちゃうようなお金を人様から頂く訳です。

(実際には新郎新婦2人がもらうお金なので、ひとり150万円。それでも十分すぎる大金ですね)

 

ふたりとも旅が大好きなので、

来るの大変だったら私たち行くよ?というスタンスです。(笑)

300万円あったら日本中どこでも旅できちゃいます。

 

ウェディングドレスとタキシード着て、

ワゴン(理想はキャンピングカー!)に乗ってゲストに会いに行く旅!

なんっっって楽しそうなんだ……!!!(キラキラ)

 

 

まあ、細かいことまで考え始めたらまたいろいろ問題出てきそうですね。

とりあえず 長期休暇がとれないことには100%無理か。